HOME > 電気暖房器 > サンレッジ

蓄熱電気暖房器 サンレッジ

サンレッジは割安な深夜電力を使って耐火レンガを高温度に熱して蓄熱し、日中に放熱することでランニングコストの軽減を図ることのできる暖房器です。蓄熱材には、耐火レンガといわれる中でも、熱比重が高く蓄熱性能に優れたものを使用し、また、断熱材には高品質「マイクロサーム」を使用して余計な自然放熱を防ぎ、良好な室内環境を維持します。

カタログダウンロード
取扱説明書ダウンロード
納入仕様書ダウンロード
価格表ダウンロード
納入仕様書ダウンロード
価格表ダウンロード

主な設置場所

一般住宅、店舗ビル、学校、幼稚園等、部屋を暖めるのに適しています。

主な特徴

コストの低減

  • ・昼間に比べ安価な深夜電力を利用して蓄熱するので、運転コストを大きく削減。

暖房効果を持続

  • ・蓄熱しながら自然放熱するため、昼も夜も暖房効果が持続。
  • ・高性能断熱材を使用することで蓄積した熱を逃さず、また、断熱性能が高いため表面温度が低く安全。

設置がしやすい

  • ・熱源に電気を利用しているため、ファンコイルユニットのような水配管が不要。よって工事が容易で、水漏れなどの心配もなく衛生面でも安心。

外形寸法図

外形寸法図

仕様表

型番 定格電圧 最大消費電力 蓄熱量 外形寸法(本体)mm 全体質量
ACV kW kJ/8h W H D W1 W2 kg
ZX 852 操作電源
100
/
蓄熱電源
200
0.85 5,800 475 640 165 340 431 43.0
ZX 170 1.70 11,600 705 570 659 77.0
ZX 250 2.50 17,200 935 800 887 112.0
ZX 340 3.40 23,300 1,165 1,030 1,115 146.0
※1 蓄熱量は自然放射熱量約22~28%を含みます。
※2 暖房のめやすは、高気密・高断熱住宅の場合で、地域や部屋の断熱性・気密性または使用時間等により異なります。

回路図

回路図

蓄熱暖房器サンレッジ設置・施工・電気工事技術資料

機器の設置及び取付工事について

  1. 1.壁面は、補強材を施工するなどして転倒防止金具(壁固定ブラケット)の取付に十分な強度を確保してください。
  2. 2.転倒防止金具(壁固定ブラケット)は適切なネジとワッシャー等で確実に固定してください。
  3. 3.機器の置かれている部分の根太数を増やすか、コンパネ2枚張りにするなど、強固で水平な床に設置してください。
  4. 4.根太無しの床(和室など)に設置する場合は、本体設置部分の床を板畳にするか本体の下に補強板(20mm 以上)を入れてください。
  5. ※上記事項は必ずお守りください。地震などの大きな揺れがおきますと、本体が転倒し、家財の破損、火災が発生するおそれがあります。

離隔距離・仕上げ材について

  1. 1.離隔距離は、正常に作動するために必要最小限の寸法です。周囲の仕上げ材等が変色・変形しないことを保証するものではありません。
  2. 2.壁材の仕上げは、準不燃クロス、石膏ボードや珪酸カルシウム板などの不燃材をご使用ください。変色や火災を招くおそれがあります。
  3. 3.クッションフロアやカーペット及び畳の上への設置はおやめください。変色や火災を招くおそれがあります。

幹線及びブレーカー容量について

  1. 幹線太さ、ブレーカー容量は下表を参考に選定してください。(屋内配線は内線規定に従って配線を行ってください。)

●200V電源ケーブル

機種 耐熱ケーブル 屋内配線分岐回路の最小太さ 配線用遮断器の定格電流
VVケーブル CVケーブル
ファン付
AXシリーズ
AX200 (3.5㎟×3C(長さ:1m) 直径1.6㎜ 2.0㎟ 15A・20A
AX300 (3.5㎟×3C(長さ:1m) 直径1.6㎜ 2.0㎟ 20A
AX400 (3.5㎟×3C(長さ:1m) 直径2.6㎜ 2.0㎟ 30A
AX500 (5.5㎟×3C(長さ:1.5m) 直径3.2㎜ 3.5㎟ 40A
AX600 (5.5㎟×3C(長さ:1.5m) 直径3.2㎜ 3.5㎟ 40A
AX700 (5.5㎟×3C(長さ:1.5m) 直径14.0㎜ 5.5㎟ 50A
ファンレス
ZXシリーズ
ZX852 (3.5㎟×3C(長さ:1m) 直径1.6㎜ 2.0㎟ 15A・20A
ZX170 (3.5㎟×3C(長さ:1m) 直径1.6㎜ 2.0㎟ 15A・20A
ZX250 (3.5㎟×3C(長さ:1m) 直径1.6㎜ 2.0㎟ 20A
ZX340 (3.5㎟×3C(長さ:1m) 直径2.6㎜ 2.0㎟ 30A